車買取一括査定サイト完全攻略ガイド

ローンで買ってソンする人・トクする人

年ではなく、月割りで車のコスト、即ちお金を計算することに意味はあるのか?
これは私の実体験であり、また自動車オーナーの本音でしょうか。
若い頃、400万円ほどの日産の『シーマ』を新車で買ったことがありました。国産では最高級のセダンです。
時代はちょうどバブル期で高級車がとても売れている時代でした。
ところが8年後、売却のため日産の中古車販売店で相談してみると、担当者からは、「頑張って見積もっても50万円ですね」といわれました。8年落ちとは言えちょっと厳しい金額でした。
時代背景があったとは言えせっかく高いクルマを買ったのだから、8年後でも、もう少し高く売れるだろうと思っていた私の読みが甘かったのです。この時ばかりはとても悲しい思いをしました。
私は、そのとき考えたのです。
「8年で320万円、年間40万円の出費なんだなぁ。ちょっともったいない買い物をしちゃいかんな」と自戒の念を持って反省したのです。
そのときに理解したことが2点あります。
1点は、中古車の買取価格が年々ものすごい勢で下がっていくこと。
つまり、購入してから最初の車検までは、大きく値を下げてしまうということです。これは特に外国車や高級車において顕著な傾向です。
そしてその後は、その車の価値や特別な需要があるかどうかによって、値段の下がり方がずいぶん異なります。これは自動車買取相場を調べればすぐに分かることなので調査するとよいでしょう。
そしてもう1点が、何時においても、自分のクルマを売つたらいくらになるかを常に把握しておく必要があるということです。
似たようなグレードや車種でもその状況は全く違ってきます。
例えば月々に換算した場合、20万円くらいの出費になるクルマもあれば、軽自動車のように1万円くらいの出費となるクルマもあります。本当にコストが全く違ってくるのです。
さらに言うとこれは、燃費性能、走行距離、新車で買ったかは中古車で買ったか、購入はローンか現金かでも変わってきます。このようなたくさんの要素で損得が決まってくるのです。クルマの購入の判断にはさまざまな要因がありますが、最低限月割り発想で車を買うか否かの判断をするべきでありクルマのソントクを考えることが必要なのです。

 

ローンで買うなら中古車より新車のほうが月々の支払額が少ないこともあるので注意が必要なのです。例えば手持ちの購入資金を50万円持っている人が、もろもろの費用も含めた総額300万円の中古車を購入するとします。
購入時に頭金として50万円を使い、残り250万円を36回払いのローンで購入すると、3%の金利で均等払いした場合に毎月のローン返済額は4万6000円ほどになります。
一方、購入時に全く頭金を持っていない人明日が新車で人気車を購入するときに新車のみ適用できる支払額がステップアップするローンを利用するとします。このように金利、支払い回数が同じ場合、最初の30回の毎月の支払いを4万2000円ほどにして残りの6回で残金を支払うことが可能なローンを組むことができます。当然新車で買う方が自由度がありトークなのです。ただし残り6回の毎月の支払いは33万円ほどになってしまい、支払いが困難になることが予想できるので、こういう場合にはその前に愛車を売却してローンの残債を精算する方法もあります。この場合中古車一括査定を使い最も高い買取業者に売ることが1番得をする方法なのです。もし車を売る場合には一括査定サイトの活用を検討してみることが必要になるでしょう。